エルネア王国*イロハ家譚

『ワールド ネバーランド~エルネア王国の日々~』のプレイ日記です☆ネタバレ満載です!^□^;

*192年*アンセルム王国、いざ入国!

 

 

ドキドキです。すんごくドキドキです・・・!

この連動感がたまりませんw

 

f:id:elneairoha:20160427162501p:plain

 

入国時のスクショどこかに行ってしまったので、入国から一年後のものを。

 

名前は「トレニア・イロハ」

ゲームスタート月日の誕生花から名付けました。

さぁそれでは旅人として右も左もわからない未知の王国をさ迷い歩き、滞在期限の一年間をまずは謳歌したいと思います!

 

f:id:elneairoha:20160326111307j:plain

トレニアの花

 

***

 

いや、ホント広すぎ。わかんない。え、いま私どこにいるの?w

王国地図があっても迷うっていう真髄の方向オンチです。

そんなこんなでウロウロしていると・・・

 

f:id:elneairoha:20160324083725p:plain

 

マルチェロ・オルコットという人に声をかけられました。

なんだかよくわからない展開なので当たり障りのないように返答。

・・・とはいえカッコいいな・・・w

正直好みのタイプです!誰!?紹介してくれたの!!///ありがとう///

しかも彼のこの格好って噂に聞くローゼル騎士隊のものじゃないですか!

 

***

 

帰化ミッションクリアするべく所持金集めに奔走する傍ら、あれよあれよという間にマルチェロくんとの仲は進展していきました。

 

f:id:elneairoha:20160322170405p:plain

 

超ワイルドな性格の彼からの直球の告白!

脳内妄想にスイッチが入り、トレニアが呟きます。

 

トレニア「嬉しい♪ でも・・・」

マルチェロ「?」

トレニア「私は旅人。またいつ旅立つか・・・」

マルチェロ「!」

 

すみませんトレニアさん。あなた帰化する気満々で資金集め中ですw

 

***

 

ある日のこと。

マルチェロを明日のデートに誘うも、夕方から試合とのことで約束できずトレニアはトボトボと帰路についていました。

近衛騎士隊トーナメントをこの頃まだよく理解していなかったトレニアは、最近になり、ことあるごとに試合だと言い自分を放置するマルチェロに不満を抱いていました。

 

トレニア「・・・はっ!」

 

超ワイルドな性格=釣った魚にエサはやらない???

・・・そうか!?そうなのか!!?

(半ばマルチェロを悪者に仕立て上げw)

 

そうして道端で悶々とするトレニアに、いつも声をかけてくれる一人の青年がいました。

金髪浅黒の青年・ケサーリです。

 

ケサーリ「トレニア、またモンモンしてるw」

トレニア「私にも色々あるのよ」

ケサーリ「色々・・・ね」

トレニア「? どうしたの?」

 

f:id:elneairoha:20160320000907p:plain

 

ケサーリくん、どうしたんだろう? いつもの彼とは少し違った。

ビックリしすぎて先約なんかないのに思わず誘いを断ってしまう。

 

本当に一体、急にどうしたのだろう・・・?