読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エルネア王国*イロハ家譚

『ワールド ネバーランド~エルネア王国の日々~』のプレイ日記です☆ネタバレ満載です!^□^;

*192年*オルコット家の真実

 

~前回までのあらすじ~

 

すれ違いから一時はケサーリに心が揺れ動いたトレニアでしたが、マルチェロの優しさと想いに再び触れ、己の気持ちを再確認しました。

 

トレニア「きちんと話さないと!」

 

傍にいてほしいのはマルチェロだ。

誰も代わりはいない。

 

確信したトレニアはケサーリを捜し走るーー。

 

***

 

木造橋を渡り辺りをキョロキョロとするトレニアに、ちょうど森の川辺を歩いていたケサーリが気づいて声をかけてきた。

 

ケサーリ「トレニア! これから探索?」

トレニア「あのねケサーリく・・・んんん?」

 

f:id:elneairoha:20160324090232p:plain

奏士になってた!!∑ (゚Д゚)

そしてトライアングルな関係での探索へなぜかGO☆

 

 

ケサーリ「役職就けばトレニアも安心かと」

トレニア「な、なるほどそうきた・・・」

マルチェロ「安心って?」

トレニア「なんでもない! 気にしないで!」

マルチェロ「お、森の小道の出口に着いたぞ」

トレニア「(助かった〜・・・)」

ケサーリ「じゃあなトレニア。兄貴も」

 

 

 

 

 

ーーー へッ? 

あにき???

 

 

 

f:id:elneairoha:20160324090118p:plain

  

マヂデスカ(OvO)

 

 

そうです。なんとマルチェロとケサーリは同じオルコット姓…従兄弟などではなく正真正銘の兄弟だったのです!

 

 住民のプロフィールに目を通す習慣がついていなかったからですね。この瞬間まで全く知らずにいましたw

 

いやはや恐ろしい・・・。

 

***

 

 

f:id:elneairoha:20160323175407p:plain

 

192年27日にめでたく帰化しました!(^^)!

そして上記の『実は兄弟事件』の驚きがMaxだったため、さりげなくイメチェンしていたマルチェロにツッコミ忘れ・・・^^; 眼鏡かけてるんですよ。気づきました?

 

もう一つ余談ですが、オルコット家の大黒柱でマルチェロとケサーリの父・マルタさんも騎士隊メンバーでした♪

勇ましいお父さんの姿を真近で見ていたが故に、マルチェロも騎士隊を目指したのでしょうかね(*^^*)

 

 f:id:elneairoha:20160322165223p:plain