エルネア王国*イロハ家譚

『ワールド ネバーランド~エルネア王国の日々~』のプレイ日記です☆ネタバレ満載です!^□^;

*197年*余暇の合間に

 

※寿命ネタ含む記事となっております!

 お気になされない方のみ、お進みくださいm(_ _)m

 

 

 

エルネア杯にて優勝し、得た『勇者』の称号!

 

f:id:elneairoha:20161003003644p:plain

 

続いて王国の護り龍・バグウェルと対戦!

龍の双眼に認められた先に待っていた更なる称号とは・・・

 

f:id:elneairoha:20161003003756p:plain

 

龍騎士』!!

 

とうとう果たしました~~!!!

 

お疲れ様でした。

我が初代PC・トレニアさん!

 

 

***

 

 

それはそうと、エルネア杯にかこつけて母親業が今年はいっそう疎かになっていた感がありますのでw

子供達との時間も大事にしなくてはッッ。

 

f:id:elneairoha:20161003005104p:plain

 

遊び好きの長女らしい返答ですw

まぁ楽しんで学校へ行ってくれているようなので満足満足!(*^_^*)

 

そして次女とは久々に水源の滝へとお出かけ♪

 

 

ーーーあれ?

ふと気づきます。

 

 

ジニアとはこんな経験ないかもw

 

こちらから誘ったことがないということなのでしょう。子供サイドからのお誘いで行く場合とこちらからのお誘いでは、お出かけ先が同じでも会話が異なることをこの時初めて知ったのでした^^;

 

f:id:elneairoha:20161003010133p:plain

 

f:id:elneairoha:20161003010214p:plain

 

この滝の水が水道橋で運ばれ、人々の飲み水やバシアス浴場では湯となり、噴水に至るまでの王国全ての水源となって国を潤しているそうです。

トレニアから話を聞いたキクは小首を傾げます。

 

キク「いっぱい使っても無くならないの?」

 

トレニア「そうだねー。無くなったら困るから、大事にしないとねー」

 

でも、山の方に雨が降ると水が増えるから、しばらくは大丈夫かなーと言うとキクは子供らしい無邪気な笑顔を見せてホッと胸を撫で下ろすのでした。

 

f:id:elneairoha:20161003011605p:plain

 

闘い続きで穏やかな日常から離れ過ぎていました。

優しく見守ってくれる大好きな夫に、可愛い2人の娘たち。

大切で、なくてはならない宝物です☆彡

 

 

***

 

 

そうして余暇を楽しむトレニアでしたが、197年26日の朝。

一瞬、心臓の鼓動が空回りするほどの衝撃が飛び込んできたのです。

 

 

f:id:elneairoha:20161003004052p:plain

 

 

アンセルム国王が・・・

 

崩御・・・!?